自然と向き合って

アクセスカウンタ

zoom RSS H29 中秋 火打山(2,461.7m)

<<   作成日時 : 2017/10/06 22:21   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

休暇取るので紅葉を見に行こうよ !!  この時期は・・・涸沢、栗駒、御嶽 ??  混雑は避けたいナ・・・・・。 
山小屋は黒沢池ヒュッテに、下山後は長野市内BHに予約できた。デワ、天候もヨサゲ。火打山と妙高山 2座へ。
画像

H29.9.29(金) 晴れ 〔1日目〕
愛車アオの案内で自宅出発(前日23:30)。星空がきれい。久しぶりの深夜高速道ドライブ、休息を取りながら順調に走る。高速道を降り登山口までは曲がりくねった道で高度をあげる(夜間通行止めの待避所に先客10数台/解除時刻 5:00)。
安全祈願してポストに登山届を入れ木道階段を歩きだす。黒沢橋を通りどんどん進むと木立の間に視界広がる。あの山は・・・(帰路ハッキリする)。急坂を上り富士見平につく(アレレ富士は何処)。山は色づき、足元にヤマリンドウ、アキノキリンソウが迎えてくれる。やっと三角屋根の高谷池ヒュッテだ。大休止だ(地塘がきれい紅葉も)。天狗の庭、地塘に映る逆さ火打を眺め山頂を目指す。やった火打山の頂だ(相方とニッコリ握手)。登ってきた道の景色や360度の遠望に満足。
画像

高谷池に戻り、茶臼山を越え黒沢池に向う。ブルーのドーム屋根の黒沢池ヒュッテが見える。塒は放射状に布団を並べ寝る席にザックを下ろす。4席ほど隣に山友(燕温泉から妙高山を登ってきた)、ココで会えるとはビックリポン。山談などで楽しい時が過ごせた。
画像

H29.9.30(土) 晴れ 〔2日目〕
火打山にむかう山友と別れ、私たちは妙高山へと動き始める。
大倉乗越にまで登り、この先の道のり(急激な下り・上り)と体調(足腰に不安ある私)を考えて撤退とした。
黒沢池に沿う木道をゆっくり歩き富士見平に着く。ひと休みの後、愛車アオの待つ笹ヶ峰Pへと下山につく。
途中、ボランテァガイドさんに遇い山名や地形説明そして登山道造りの話を聞く。デ、往路での あの山は・・高妻山、乙妻山と知る。木立の間に素晴しい北アルプス(穂高、槍、鹿島、五龍、白馬)の山並みを眺められた。
足腰の痛みも強くならず下山届が出せた。いつの日か妙高山へと思う。

戸隠神社奥社の参拝・杉並歩き、戸隠そばを食べ、BHの大浴場で足腰を癒すことができた。
画像

H29.10.1(日) 晴れ 〔3日目〕
歴史観光・社寺めぐりをする。
定額山善光寺参拝(山門、本堂、戒壇めぐり、歴史資料館、一切経堂など)、長野市立博物館見学(郷土歴史、川中島合戦展)、川中島古戦場散策(川中島八幡社参拝)、象山神社参拝、佐久間象山記念館見学
信州そば蔵の新そば(岩塩で食べる)は格別に美味かった。無事帰宅。
画像


いい山旅だった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
H29 中秋 火打山(2,461.7m) 自然と向き合って/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる